WordPressテーマ『十二単』リリース 🎉

ロリポップハイスピードプランにlaravel6.0環境の構築

ロリポップハイスピードプランをもっとenjoyしたくてlaravel導入しました。基本的には初心者がlaravelをロリポップレンタルサーバーに導入した手順を参考にすればいいかと思いますが一応通常のプラン(php7.1系)とハイスピードプラン(php7.3系)では若干コードが異なるのでそれも踏まえてリライト。

もくじ

Laravelインストールまでの全手順

手順1 🚚 ロリポップにアクセスしssh有効化

lolipop_highspeed_laravel
上画像は有効化した後の図

サイドバーからSSHを有効化します。赤枠の箇所をクリックし、ボタンをクリックするだけ。うまく有効化されれば上画像のようになりSSH有効化に関する確認メールが届きます。

SSHとは

セキュリティ的に安全な接続をするための技術。

手順2 🚚ターミナルからSSH接続

lolipop_highspeed_laravel

DockあるいはLaunchpad>その他からターミナルを起動します。そして先ほどロリポップで表示されていたものを入力していきます。

$ ssh アカウント名@サーバー名 -p ポート(先頭の"$"は元から記述されています)

手順1の画像で振った番号的には ssh ❷@❶ -p ❸といった具合ですね。こんな👇具合。

lolipop_highspeed_laravel

こう入力するとパスワードを問われます。

hoge@ssh.lolipop.jp's password:🔑 

手順1の画像の❹をCommand + CCommand + Vでコピペしましょう。

ちなみにペーストしても入力できていないように表示されるのはよくある仕様です。ターミナル で作業するときにはよく見る表示方法なので気にしなくて大丈夫です。

[ロリポップドメインぽい文字列@spd00X ~]$

上記のように表示されていればSSHでログインができています。

手順3 🚚 webディレクトリに移動

ここでpwdと入力してみてください。現在地がわかるコマンドです。

[hoge.jp-hoge@spd00X]$ pwd
/home/users/0/hoge.jp-hoge

ここからlsと入力すると現在地に置いてあるファイルやフォルダが見れます。

[hoge.jp-hoge@spd00X]$ ls
web

ここにあるwebというフォルダが普段ロリポップのFTPでいじっているものであったりWordPressを設置している場所になります。ここに移動して作業を行なっていきます。移動にはcdというコマンドを使用します。移動ができたか確認するには先ほど紹介したpwdを使用すれば可能です。

[hoge.jp-hoge@spd00X]$ cd web
[hoge.jp-hoge@spd00X web]$ pwd
/home/users/0/hoge.jp-hoge/web

また、すでにこの階層にWordPressを設置している場合は新しくフォルダを作ると便利です。WordPress等が設置されているか確認したい場合はlsコマンドで確認できます。

[hoge.jp-hoge@spd00X web]$ ls

wp-activate.phpとかwp-contentとか出てきた場合はここをWordPress階層としているかと思うので、mkdir 好きな文字列(フォルダ名)コマンドでフォルダを新規作成しましょう。今回僕はtechpadというフォルダ名にしたのですがその場合はこんな感じ。

[hoge.jp-hoge@spd00X web]$ mkdir techpad

ここまで来たらlaravelをインストールしていきます。

手順4 🚚 Composerのインストール

ロリポップにlaravelをインストールする記事はちょこちょこありますが、だいたいがスタンダードプランで、ハイスピードプランとはディレクトリ構成がやや異なります。スタンダードプランなどでは/usr/local/php7.1/bin/phpにインストールしていく形ですが、ハイスピードプランでは、

$ /usr/local/php/7.3/bin/php -r "eval('?>'.file_get_contents('https://getcomposer.org/installer'));"

上記をコピペしましょう(最初の$は削除してください)。ここまでうまくいくと下記画像のようになります。

ちなみにロリポップFTPでアクセスしても確認が可能です。

Composerとは

php用のパッケージ管理システムです。入れとくと便利なので入れとくが吉。

手順5 🚚 pathを通す

こちらも同様にスタンダードプランとは異なります。下記をコピペで入力しましょう。反応は何も返ってきませんが、きちんと実行されています。

$ export PATH="$PATH:/usr/local/php/7.3/bin"

手順6 🚚 laravelをインストールする

laravelをインストールするには下記コマンドを実行します。

$ /usr/local/php/7.3/bin/php composer.phar create-project --prefer-dist laravel/laravel フォルダ名 "6.*"

例えば僕はtechpadというフォルダを先に作ったので、下記のように実行しました。

[hoge.jp-hoge@spd00X ~]$ /usr/local/php/7.3/bin/php composer.phar create-project --prefer-dist laravel/laravel techpad "6.*"

すると必要なものが続々とインストールされていきます。

うまくインストールされたかの確認はFTPソフトでもロリポップFTPでもいいですしターミナルからls フォルダ名コマンドなどでも確認できます。

[hoge.jp-hoge@spd00X web]$ ls techpad
README.md  artisan    composer.json  config    package.json  public     routes      storage  vendor
app        bootstrap  composer.lock  database  phpunit.xml   resources  server.php  tests    webpack.mix.js
FTPソフトから確認した図

手順7 🚚 SSHの終了

exitコマンドでSSHを終了できます。

[hoge.jp-hoge@spd00X web]$ exit
ログアウト
Connection to ssh.lolipop.jp closed.
mb-2:~ mb12$ 

手順8 🚚 ドメインと紐付ける

せっかくなのでドメインと紐付けます。新たに取得した独自ドメインと紐づける場合はロリポップ管理画面の独自ドメイン設定の箇所をクリック。

そうして先ほど新規作成したフォルダ名 + publicを下画像のように入力しましょう。新規作成していない場合はpublicだけで問題ありません。

なぜpublicをつけるのか

laravelに限らずRailsやVueでもそうですがフレームワーク内の公開するファイル(index.xxx)を格納しているフォルダがpublicであることは多いです。公開ファイルの格納されているフォルダを指定しなければ上手く作用しません。

新規ドメインをとるのが億劫な方はサブドメインなど利用すればいいですね、そうですね、僕ですね。しばらくは準備時間でアクセスができませんが、セットアップが終わるとアクセスができるようになり、下画像のようになっています。

作ったサイト

http://techpad.withdiv.com

まだ何も入れていないですがこれからlaravelで遊んでいけたらなと。

CTAエリアイメージ

WordPressテーマ『十二単』

無料のWordPressテーマです。絶賛開発中。
詳しくみる

✒️ Writer ✒️

たかさき

しがないたかさきです。HTML/CSS/JS/PHP/Ruby/SQLちょっと書けます、Photoshopちょっと使えます。Vue勉強中、埼玉とか都内の勉強会良いのあれば教えてください〜。メディア売買経験あります、ミドルレベルでの検索結果1位何回か取ったことあります。詳しくはこちら

Follow Me:)

COMMENT

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。


内容をご確認の上、送信してください。