WordPressテーマ『十二単』リリース 🎉

【ロリポップスピード徹底比較】ライトVSスタンダードVSハイスピード

「ライトプラン(月額250円)こそ至高。This is The Best Practice」

ーーーーーーーーーーーーーそう思っていた時期が私にもありました。

もくじ

「そもそもなぜロリポップ?」

WordPressを運営していくにあたってレンタルサーバーとの契約は必須です。そして国内のものであれば、XSERVER、mix host、conohaあたりが有名ですね。上記3つのサーバーは「高速!」とか「多機能!高性能!」とかキラキラしてるものを売りにしている中でロリポップ の強みは「安さ」というどうにもパッとしない感じです。

ただ、筆者はなるべくお金を使いたくない人なので、その「安さ」にこそ惹かれてかれこれ2年くらい契約し続けているそこそこの長期ユーザーです。

それでもロリポップからXSERVERやらに変えなかったのは(予算の都合もありますが)さして違いが感じられなかったから

ロリポップのライトプランでもテーマ最適化してさえいればアクティブユーザー100人とかは全然さばけます(実体験)し、スピードも平均くらいは出るんですよね……。

そんなわけでサーバー移転はおろかプラン変更する気は最近までは全くありませんでした。

ところが転機が訪れる

2019年10月、ロリポップに新プラン登場。それがハイスピードプラン

ハイスピードとか言われたらやっぱり気になってしまうのが人情。極め付けにはこのツイート。

ロリポがXSERVERより速い……?しかも何かと話題になっているConohaと張る……?

そこで2年近くライトプラン維持のライトプランガチ勢である僕(筆者)も「よしじゃあどのくらいスピード違うのか検証しようじゃないの」とようやく重い腰をあげたのでした。

プラン別スピード比較

測定方法にはTTFB値を使用します。

TTFB(Time To First Byte)とはブラウザがサーバーにリクエストを送ってから反応が返ってくるまでの時間です。

要はサーバーの性能がもろに試される部分です。

TTFBイメージ図

スピード測定方法

具体的な測定方法は以下の通りです。

ロリポップハイスピード測定方法1

ライト・スタンダード・ハイスピードプラン、XSERVER。それぞれのサーバーで全く同じ状態のサイトを再現します。

ロリポップハイスピード測定方法2

DevツールにてTTFB値を計測。ちなみにサーバーキャッシュ等は使用していません。

ロリポップハイスピード測定方法3

レンタルサーバーは同じサーバー内の他契約者からの影響を受けてしまうため、計測日時をバラし、かつ回数を増やすことで誤差の減少に努めました。

また、ロリポップだけのデータだと味気ないし、何よりロリポップ がXSERVERに勝るところを見たかったので、比較対象としてXSERVERのデータも取ってみました。

スピード測定結果

ライトスタンダードハイスピードXSERVER
平均値994ms529ms202ms308ms
中央値863ms450ms112ms253ms
最大値4450ms2670ms2030ms1990ms
最小値105ms230ms55ms95ms
価格/月250円500円1000円1000円

※ 1msは1/1000秒です。そしてGoogleの推奨するTTFB値は600ms以下(小さければ小さい方がサイト速度が速い)。

※ どのサーバーでも速すぎる時と遅すぎる時とがあるため、個人的には中央値を参考にするのがいいかと

※ 価格は1年単位での契約時の月単価。ここに別途初期費用有

データはスプレッドシートにまとめてあるのでこちらからサンプルすべて閲覧可能です。

データからわかること

1.ハイスピードの速さを視覚的に見てみよう

とはいえ、単位がmsではどの程度差があるのか分かりづらいので、データを元に視覚的に理解できるイメージ図をちょろっと作ってみました。

See the Pen LolipopSpeedImage by Takasaki (@tkskds) on CodePen.

「x1」ボタンでそのままの速度が体感でき、「x10」で10倍、「x100」で100倍のスピードが見れます。その都度「RESET」を押してください。

また、読み込みが完了した段階で文字が白くなります。

ロリポップハイスピードイメージ

見て貰えば分かる通り、速度に焦点を当てるなら、ロリポップのハイスピードプラン一強ですね。

今までクライアントさんにお勧めのサーバー等訊かれたときはXSERVERと答えていたのですが、もうロリポップでもいい時代がすぐそこまで来てるかも。

2.ランキング化してみる

平均的な速さ
ハイスピード(112ms) > XSERVER(253ms) > スタンダード(450ms) > ライト(863ms)

ここでは中央値を参考にしています。ハイスピードプランがまじで速すぎてビビる。それぞれの間に2倍程度の差がついていますね。

今回検証したページは割と軽いページだったので、これが重いページでやってたらこの速さの違いはかなり大きな差になってくるのかなぁと。

結論

ロリポップ最高です。来年もよろしくお願いします。

CTAエリアイメージ

WordPressテーマ『十二単』

無料のWordPressテーマです。絶賛開発中。
詳しくみる

✒️ Writer ✒️

たかさき

しがないたかさきです。HTML/CSS/JS/PHP/Ruby/SQLちょっと書けます、Photoshopちょっと使えます。Vue勉強中、埼玉とか都内の勉強会良いのあれば教えてください〜。メディア売買経験あります、ミドルレベルでの検索結果1位何回か取ったことあります。詳しくはこちら

Follow Me:)

COMMENT

[…] 【ロリポップスピード徹底比較】ライトVSスタンダードVSハイスピード […]

[…] 【ロリポップスピード徹底比較】ライトVSスタンダードVSハイスピード […]

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。


内容をご確認の上、送信してください。